Pocket


「南総里見八犬伝」は、江戸時代の後期に曲亭(滝沢)馬琴によってあらわされた長編伝奇小説です。

当時から大ヒットしたこの物語は、その後の日本の文学や芸術、文化など各分野に大きな影響を与えただけでなく、安房国を治めた「里見氏」の名前を全国に伝えるきっかけともなりました。 続きを読む

Pocket